フィールドノート Level チラシの裏
FC2ブログ

ベトナムに輸出された日本製中古路線バス

私が24歳の頃、ベトナムに行けば日本の中古バスや貨物車両が見られると知り、初めての海外旅行先をベトナム、カンボジアに決定。
当時の仕事先様と打ち合わせの後長期休暇を貰い現地調査に赴いたのだ。

京都市交通局の表示そのままで活躍中w
京都市営バス01

回送車の表示そのまま運用に就く様が味わい深い。
京都市営バス02

神戸市営のバスもあると聞いていたが、それより先に大阪市営バスを発見。でも当時の自分には色だけではどこの事業者か判らず、
後日前面のマークが大阪市交通局の物だと知った次第。
大阪市営バス01

ちなみに車体下部に表記された85-2071が重要な情報を持っていて、8は日産ディーゼル、5はバスを購入した西暦の下一桁。
この車両は1975年製で2071は陸運局発行のナンバープレートの数字との事だ。
大阪市営バス02

右側通行のベトナムで、左側通行の車両をそのまま使う所に驚きを感じたのであった。
同時に福山通運のトラックも撮影したはずなので、出てきたら記事にします。
関連記事

201808 関西広域調査 アフターサービス その4-2

大通りに面した宿の案内表示。2019年2月現在のストリートビュー画像では、丁度リニューアル工事中の様子が載っている。
チェックインが朝7時30分からとなっているが、荷物を先に預けることが出来るとの事。一日分のロッカー代が節約できるのは有り難い。
サンプラザll

1階フロントの前が大きなイートインスペースの様になっていて、端にはキッチンセットもある。
そこでカキ氷が食べられる。私は食べなかったけど。
カキ氷
この晩は、見た目アフリカ系の若い男性が、キッチンとテーブルの間を踊るように行き来して何か料理を作っていた。

エレベーター内の張り紙。もうどこでも見かける出張テクニックw
怪しい広告1
私が経理担当でこの領収証を見かけたら、「あーここ俺も泊った事有るよ~2000円でお釣がきて良いよねw」と小声で言うだろう。

怪しい広告2
今回も串カツ食べなかったな。どうしても某スーパー玉d....(以下略

トイレは本気で綺麗になっていたので、さらっと紹介。
トイレ注意書き

以前あったガス器具等は姿を消し、完全にトイレだけになった。
部屋数に対して便器数が多いわけではないのだが、朝夜とも混んでいる様子はなかった。
小便器

勿論洗浄便座つき。風呂は大浴場と称した4人風呂があり、シャワーブースも合わせ上手い具合に待たずに利用できた。
ただ風呂から出る時体を拭かない人が多いので、床はビショビショ。
フロントで貰えるタオルも捨てていく人が多く、ゴミ箱も溢れ気味。私は勿体無いので、絞って干して持って帰りましたよw
大便器

ここのホテルは個人的に気に入ってます。興味持たれた方は、画像内のホテル名を検索して見てください。
続きを読む
関連記事

#廃線 #廃線路

test 調整中
何かインスタとの画像連携仕様が変わったか?今日はもう眠いから一旦保留にして寝る。

電車の重みに押さえ付けられていたレールは、切断されると自由な向きに向く。
関連記事

201808 関西広域調査 アフターサービス その4-1

大変お待たせのお宿編続けます。

今回6年ぶりに利用したら、料金が値上がった分以上に内部が綺麗に改装されていた。しかし宿の利用規約が挟まったファイルにはこんな一枚も。
前回は明らかに住んでいる風の方を何人か見かけたが、今回は若い人や海外からの旅行客のほうが多く感じた。
もっと南海線側にここの半値近い長期滞在用宿があっても、ワンランク上の滞在需要は確実にあると言う事だろう。
ホテル施設利用規約

他の方が窓の無い611号室系列の宿泊記をアップしているのを見かけた。
20歳位の頃、ツーリング途中長野県伊那市に宿泊、部屋が窓の無い地下階のだった事を思い出す。
まぁここは地下じゃないだけ良いか。
非難標識

左の壁にある小さな白い扉の手前に、うっすら二本の縦線が見えると思う。これが以前の炊事、トイレの入り口跡。
ここを入って右側に流しとコイン式ガスコンロ、左側にトイレが連続してあった。水周りの全面改装で、入り口を減らしたようだ。
客室ドアの鉄扉が、集合住宅タイプじゃなければ、一泊2000円の安宿に見えないでしょ。
廊下

部屋の窓からスパワールド丸見え。
エアコンも個室タイプなんだけど、なぜか効きが悪かったのでカバーを開けて点検しかけたが、ハッと気付いて止めた。
スパワールドが遠くに見える

で、それよりも効きが悪いのが冷蔵庫。
以前はこれに形が似てるけど、右上に製氷棚が付いてて霜取りに苦労するタイプだった。
この電子冷蔵庫が全然冷えないw
電子冷蔵庫ML-640

麦茶の後ろに名刺大の板が見えるけど、それが冷却素子。ペルチェクーラーって奴なんだが、この素子の前に置いておいても、
缶飲料が露付きするのだ。壊れてるのかと思ったが素子は一応冷たいので、内容空間に対し明らかな能力不足という事だ。
電子冷蔵庫ML-640

一応冷媒も入っている様なので、もしかしたら切り替え設定とかあったのかも?
でも冷却素子が空間の下に付いている時点で構造的問題と察し、そっとドアを閉めた。
電子冷蔵庫ML-640

2へつづく
関連記事

201808 関西広域調査 アフターサービス その3-2

値引き惣菜に期待満々でスーパー玉出に向かう途中、こんな建物を見かけた。
古い板がAとかHとかに見える様に張り付いている。
コンクリート型枠放置建築物
これは大分前に公開した記事→都ビル解体その1 の文中にある
”建築当初の型枠が取り外されないまま数枚ぶら下っていたのだ。”の大規模バージョンが、隣家の解体で姿を現していた。
昭和40年代前半頃までかな?柱と梁と床だけ鉄筋コンクリートで造り、壁は外塀などに使うコンクリートブロックを積んで
仕上げる建物が数多く新築されていた。
放置するつもりなので隣接家屋にピタリと型枠をくっつけ、下手すれば隣の家に釘も打っているかもしれない。
ここは道路予定地との事。平成も終わろうとする時代の大阪で、昭和の貴重な遺物を見かけられたのは幸運だと思った。

-------------------

かなり珍しいカップヌードルの自動販売機ナイト。湯は商品購入後、規定時間内だけ出るらしい。
日清 カップヌードル 自動販売機
どの様な構造なのか詳細をチェックしようと思ったが、妙な雰囲気にふと横を見ると上半身に衣服を着用していない男性が、何らかの
意見を大きな声で述べながら勢い良くこちらに歩み寄って来たので、私も同じ勢いで現場を退去。構造調査は次回の宿題にした。

冷やしあめ。平成になって間もない頃の大阪旅行で、街中の駄菓子屋だか菓子店店頭でコップ一杯幾らの立ち飲みした事を思い出す。
場所すら憶えていないけど、まだそう言うお店どこかにあるんでしょうかね。
西成区の50円自動販売機

ガツンゴールド。東京では見かけない商品にワクワク。いや私が知らないだけかも知れないが1本お買い上げ。
ガツンゴールド

夜撮影できなかった自動販売機を早朝記念撮影。「おいなはれ」と「おいでや自販機」の並びは、ジェット浪越氏とエンペラー吉田氏の
熱い共演を思い出す。
おいなはれ おいでや自販機

同じく人が途切れた弁当屋さんをチェック。電照看板が歩道上にこんなに低く迫り出して取り付けられているのは、非常に珍しいと思った。
小牧家1

メニューを拡大。東京の山谷もそうだけど、ドヤ街の飲食物価って安くはないね。珍しいのは「やわらかご飯+30円」と指定できる所かな。
小牧家メニュー

こちらは正面メニュー。
普通のご飯は50円以上10円単位で販売とあるが、大盛り90円だと50円はおにぎり半分くらいの量になりそう。
でも手持ちの少ない方に親切な商売だ。
そして興味を持ったのは、右側メニューの「ぶっかけご飯」。みそ汁ぶっかけ230円は、ただの汁掛けご飯なのか??
そうめん汁と豚汁が同じ値段なのも不思議だ。
小牧家2

朝飯を食べたばかりだったので試しに買おうか迷ったが、今考えるとこの時無理してでも買ってみれば良かった。
まぁ新たな調査目的が出来たという事で、次回の大阪旅行で買ってみたいと思う。

次回ホテルの話、一生懸命画像編集と作文中デス。
関連記事
次のページ
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
年月毎の記事一覧
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
近隣ブログ一覧

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文: