現場コーミング - フィールドノート Level チラシの裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新カテゴリ、現場コーミングとは

海岸に打ち上げられたり、流れ着いた陶器片やガラス片を収集研究する趣味が有る。
入手した品の生い立ちや、そこで拾い上げるまでに遭遇した出来事を想像するのは楽しいものだ。
しかし海でなくても、普通の街中で建設工事中に見つけられる様々な物の破片。
もう20年以上ず~~~~っとネタ話になるかなと思って取材を続けていたブログカテゴリ、名付けて「現場コーミング」を公開してみる。

私が建設業界に入った当初から大変お世話になっている水道屋さんの応援作業の一つに、土間配管工事というのがある。
文字通り家の給排水管を基礎部分から道路まで配管する作業だ。
現場コーミング01

スコップで土を掘り進めて行くと、こんな謎の破片が顔を出す。
現場コーミング02

これは便器の破片だ。
現場コーミング03

ほら、洗えばこんなに綺麗。
基本的に、配管敷設が終わったあとの埋め戻し時には、こういったガラ、コンクリート片、その他ゴミは分けて処分している。
何故ならこれら埋め戻しの土はここ土地の土とは限らず、他で穴掘りした現場の土をもってきたり、処分場から運んできたりする事が
殆どだからだ。
現場コーミング04

陶片以外にこんな物も。「空き缶はくずかごに」時代の空き缶。
現場コーミング05

これは受水槽の基礎周りを埋め戻す為に山積みされた泥山からダイレクトに出土したもの。
何処かで穴掘りした土をそのまま持ってきた様で、これ以外のゴミやコンクリ片も大量に出てきた。
現場コーミング06

古い家の台所辺りの土だったのか、食器や貝ガラが多かった。
現場コーミング07

写真じゃ上手く伝わらないかもだが、赤色が大変綺麗な湯飲み片。
現場コーミング08

寿、山、?、安。何時ごろのだろう。
現場コーミング09

徳利も出てきたが、出土時点で画像左側にひびが入っていた。
スコップにかすったり、トラックへの積み下ろし時に機械を使うから、こんなので済んだだけましだろう。
現場コーミング11

その徳利の裏。「重」って書いてあるかな。
現場コーミング12

これは別の残土から。珍しい大きな碍子。ちょっと大きめな町工場の解体時に地面に埋まり、その土を埋め戻し用に使ったのだろう。
細かい傷が一杯だ。
現場コーミング15

こういった陶器ガラス以外にも、菓子の袋や王冠、子供のおもちゃなど色々出土しているので、過去撮影した画像を見つけたら公開していきます。
スポンサーサイト
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。