現地調査 - フィールドノート Level チラシの裏

Googleストリートビュー撮影車に撮られたので撮り返した話。

以前公開した記事「実は2度目。Google ストリートビューに写った話。」の文末に書いた、最初に私が撮影された場所の
画像リンクが再公開され始めたので、また消える前に記事にしてみる。
時は2015年4月21日火曜日、15:55頃。
今現在も東京都豊島区内で、環状5号線バイパス新設と並行する都電の古い築堤線路の改築工事が同時進行している。
忘れもしない。この日は実家で板金小物加工品を製作し、まだ日の明るいうちに終わったのでその工事の進行状況を取材していたのだ。
カメラを操作してる時、前方よりストリートビュー撮影車がこちらに向かってきた。
私の普段使いしてるデジカメはコンパクトタイプ。各動作は一眼カメラに比べて明らかに鈍い。
ズーム位置を変更してる内に目の前を通過してしまった。


一応念のため、写ってる時に着てた作業服と作業靴。
衣類

年甲斐も無く大慌てでデジカメを突き出しているのが笑える。

パシャッ    パシャッ
   パシャッ
      ∧_∧ パシャッ
パシャッ (   )】Σ
.     /  /┘   パシャッ
    ノ ̄ゝ
        ミ∧_∧ パシャッ パシャッ
       ミ (/【◎】
     .  ミ /  /┘
        ノ ̄ゝ

下がその時撮影した画像だ。
ストリートビュー撮影車逆撮影
スーツの男性、自転車の女性の詳細は、ストビュー本体画面を回転させてご確認ください。

------
と、まぁこれだけじゃ何なんで、この近辺でカメラ片手に調査取材中に得られたネタをちらっと公開する。
暗渠マニアの皆様なら、雑司が谷弦巻川暗渠はご存知と思う。
私も地元小学校の郷土クラブ在籍中に、弦巻川と都電交差部は何処か?を調べるとぶち上げたのだが、
所詮小学生の知恵ではどうにもならず、平成も30年近くまで疑問を先送りしてしまったのだ。
そして21世紀の今日、環状5号線池袋バイパス工事に伴い疑惑の埋め込まれた部分を大きく掘削する作業が進行しており、
2016年の或る日、弦巻川と都電(旧王子電気軌道)との交差部が露になったのだ。
弦巻川暗渠線路交差部1
上の画像左端、角ばった部分は線路をくぐる川の入り口部分。画像の線路は仮設で、本来は手前の白線辺りを走っている。

都電の開通した時、弦巻川は今の住宅区画に関係なく斜めに流れていた。そして都電開通から弦巻川の暗渠化(1932年)までの8年間だけ、このコンクリートトンネル内を流れていたのだ。

ここまできたら万難を排し毎日仕事の行きか帰りに取材するしかない。
或る日の早朝、覆工板を置く桁を架設する為、トンネル上部が破壊された。
弦巻川暗渠線路交差部2
今から85年前までこの中を川水が流れていたのだ。

暗渠マニアの皆様、当方専業の便所レポートも遅延してる状態なので、この先は何卒気長にお待ちください。


ご存知、高円寺のエレックセンター、2017年春の様子

古本や古写真など紙物は、たまに広げて空気に晒さないと結構痛むものだ。
今回広げたのは38年前、私が中学生の頃少ない小遣いから予算を捻出し、毎月買っていた当時の情報誌。
表紙にラジオと書いてあるが、内容は電子工作や無線の受信方法などが掲載されていた。
高円寺エレックセンター01

表紙を捲ってすぐの位置には毎月ほぼ同じ企業の広告が掲載されていた。この杉並区高円寺にあった
エレックセンターもその一つ。
高円寺エレックセンター02

ただ当時でもこのお店には行った事が無い。理由は簡単。当時の実家からは、電車の乗り換えなしで行ける秋葉原の方が近く、
店数も品数も多かったからだ。
しかし毎月雑誌に広告を出せる店は、私の心を惹きつける何かがあった。

2017年春、高円寺駅付近での仕事の機会が有った。
ふと思い出し下調べすると、まだ看板が残ってるらしい。そうだ、広告に描かれた場所に行ってみよう。
高円寺エレックセンター03

東京都杉並区、環七外回り、歩道橋の階段脇。
高円寺エレックセンター04

お店は疾うの昔に無くなったが看板は健在。
高円寺エレックセンター05

シャッターの前に雑草が伸びている所をみると、現在この場所を借りている人は居ないのか?
ストリートビューの歴代画像を見ても、毎回シャッターは閉まっている。

最近高所に設置された看板を、費用と安全対策の責任から交換せず残す話をいくつか耳にしたが、ここは2連梯子で届く
高さなので次の入居者次第で交換はあると思う。
こう言う物件は、まだあるまだあると取材を延ばしてると突然無くなる物だ。
閉店から22年、エレックセンターに思い入れの有る方は、急ぎの取材をお勧めする。
高円寺エレックセンター06

2017/04末取材撮影

横浜市内で見かけた、ある廃品回収車

赤い電車が轟々と古い高架橋を走るここ横浜市内で、妙なアナウンスを流しながら走る廃品回収車を見かけた。
横浜市内

ちょうど昼飯時間だったので弁当を放り投げ、即デジカメ片手にその回収車を追っかけた。
廃品回収車を追っかけるのなんて40年以上前にやって以来だ。


きっと今日も何処かで、「小さな小さなチイチイチイ‥」

ストリートビュー撮影車、再び。

普段持ち歩いてるスマートフォンやタブレットなどのGPS機能のスイッチを常時ONにしている人は多いと思う。
自分も大抵ON状態で持ち歩いている。これではいくら個人情報漏れを心配しても、google先生が本気出せば日常の生活範囲や
移動状況など筒抜けである。
先日、横浜市内で仕事車をコインパに入れスタスタと現場に向かう途中、わき道の奥からこちらを伺う見覚えのある車が居た。
ストリートビュー11

ヤバイ、SV撮影車だ。私の発射するGPS信号を受信して先回りしたに違いない。(空想全開)
路上の植木に隠れているつもりだろうが、車体は大きくはみ出し95%は丸見えだ。
ストリートビュー12

私は彼との視線の間に、電柱や街路樹を挟んで隠れ寄る「日食の術」を使い後ろに回りこんだ。
ストリートビュー13

ズームアップ!
そのまま知らぬ顔で行き過ぎた所、急に彼は走り出した。私もすぐ後を追う。
ストリートビュー14

この辺りは短い区間に信号が立ち並ぶ。右折してすぐ先の信号でまた右折するようだ。
ストリートビュー15

もう一度ズームアップ!
ストリートビュー16

信号が変わりスムーズに走り去る撮影車。
ストリートビュー17

残念ですが今回はカメラにカバーが掛けられていたので写り込めませんでした。
最初に撮影車が居た後ろ一帯が、午後以降カメラを向けるのを躊躇うような歓楽街なので早朝撮影の後かと思ったのですが、
この付近の最新撮影画像が2016年4月撮影との事で、今回は撮影とは関係なかったようです。(2016・06撮影)
ストリートビュー18

実は2度目。Google ストリートビューに写った話。

今年の2月8,9,12日の何れか朝8時前、仕事先のお店の目の前を左折しながら走り去るストリートビュー撮影車を見かけた。
以前別の場所で見かけた時はカメラを手に持っていたので即迎撃撮影できたが、今回は突然目の前に現れ
且つ両手に物を持っていたので何も出来ず「ガン見」で見送るだけだった。

何も出来ず、見送るだけの私。

一応証拠として画像に写っているドカジャンと黒いかばん。
ストリートビュー1

逆撮影が出来ず悔しさのあまり引き続き見送る私。


最初に写った場所は、定期的に3種の画像が差し替えられているので、また私が掲載されたら記事にします。
次のページ
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文: