2008年09月 - フィールドノート Level チラシの裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士電機の扇風機、復活計画

今は家電製品を作っていない富士電機の古い扇風機。
入手当時はコンデンサーが経たっていて、最低速スイッチからだと
手回しで勢いをつけないと回転を始めなかった。


fuji_1 銀色の筒がコンデンサー
 これに繋がっていた線を新しいコンデンサーに繋ぐ。

fuji_2 元と同じ容量のコンデンサーが入手出来なかったので、
 3個のコンデンサーを合成して容量確保。
 古いコンデンサーは他の部品に絡んでいたので存置した。

配線換え後の動画

取り替えたコンデンサーを露出した状態で数時間の試運転を1週間実施し
温度や臭い等異常がない事を確認後本体内に両面テープで固定。
軸の給油状態も良いので、この後外装洗浄しワックスがけして修理完成。
深い青色も鮮やかに自宅で活躍中です。
関連記事
スポンサーサイト

長野県岡谷市 湖北火葬場

kohoku-4 長野県岡谷市、諏訪湖の北側に立地するとても美しい姿の火葬場が、
 今まさに解体されようとしていると聞き2008年9月現地調査に行ってきた。

 コスモスの花が咲き乱れる土手沿いの道をまっすぐ歩いた先に‥

kohoku-5 小さな煙突と足場がかかった建物が見えてきた。

kohoku-6 携帯電話のナビ機能で現在地を確認すると、しっかり「火葬場」と表示が
 出た。残念ながらネットに囲われ屋根と煙突しか見えなくなっている。
 しかし周囲には無粋な柵など無く適当に視界を遮る植木に囲まれており、
 更にこの撮影場所だけ工事用に盛り土され見晴らしが良くなっていた。

kohoku-7kohoku7-1 破風に取り付けられた一枚板から彫り出したと思われる
 美しい懸魚。
 遠くから見ると破風板下端の曲線が綺麗な山型になっている。

kohoku-8 元待合室も内部より解体中。瓦も下ろさず中から「ドカン!ドカン!」と
 大きな音がしていたが、何を壊していたのだろう。
 中央に集骨台車らしい物が見える。廃材の搬出に使っていたのか?

kohoku-9 *9/15以下作文編集中

kohoku-10kohoku-11

kohoku-21kohoku-22

kohoku-31


関連記事

山梨県韮崎市、県道17号線、ループ道路

k17-1 仕事帰りに偶然みつけた面白い道。
 坂下の標識の通り450°旋回している。
 そこにあった小さなトンネル(橋?)の寸法を測ってみた。

k17-2 プロドライバーは譲り合いの気持ちで行き違う。その位小さい。

実走行動画もどうぞ。


k17-3 坂下開口部の寸法
 ●a→●a'=5m4mm
 ●b→●b'=5m50cm7mm

k17-4 坂上開口部の寸法
 ●y→●y'=4m95cm7mm
 ●x→●x'=5m51cm1mm

ターゲットパネルを持参し忘れたので、長さを測れなかったのが心残り。
次回への宿題にしておきます。
関連記事

道の駅小淵沢、足湯

kobu-1kobu-2
仕事の帰りに立ち寄った道の駅「小淵沢」。足湯があったので浸かりながら寸法測定。

kobu-3 みんなの足湯です。マナーを守ってたのしく使いましょう。
 足湯のご利用は18:00までです。
 ペットのご入浴は、固くお断りします。
 源泉名:延命の湯
 温泉の泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
 源泉の温度:58.5℃
 以下略
kobu-4 浴槽サイズ
 ●a→●a'=53cm
 ●b→●b'=4m36cm
 ●c→●c'=26cm5mm
 ●d→●d'=18cm5mm
 湯の深さ
 ●x→●x'=34cm
 ●y→●y'=25cm

kobu-5 足湯なのにメガネが置き忘れてあった。まさか全裸でドップr(ry

関連記事
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。