2010年02月 - フィールドノート Level チラシの裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通風口コレクション11

ブロック11_1 大ひし形2個、小ひし形1個。
 ちょっと線が細い感じかな。

ブロック11_2
<<このカテゴリの趣旨が書いてある通風口コレクション1へのリンク
<通風口コレクション10へ
関連記事
スポンサーサイト

都ビル解体その7

都ビル解体その6から
2009年12月30日
miyako_51

まだ松杭が残ってるかと期待したのだが、流石工程表通りに埋め戻し整地を済ませ少々の雑材を残して新年を迎えるだけの状況になっていた。
miyako_52

2010年寅年、1月中は然したる変化は無く‥
miyako_53

2月7日に行ってみると、
miyako_54

歩道の補修も済み、
miyako_55

真新しい地境杭やピンが設置されていた。
miyako_56miyako_57

右奥にも真新しい杭が二本打たれていた。
miyako_59 隣地との境界がしっかり決まった所で「都ビル」の存在は完全に消え去ったと言う事になる。
 この土地に新しい価値が生まれたのだ。


miyako_60 20歳になって間もない頃の私がこのビルに注目してから四半世紀、そこから完全に解体されるまでを見届けられたのは本当に幸運だったと思う。
 自分の作文センスの都合7回に分けてのレポートもこれにて終わり。
 これからの未来、東京の神田須田町に存在した「都ビル」を検索した人たちが、満足できる解体レポートになれば嬉しい限りです。
関連記事

都ビル解体その6

都ビル解体その5から
写真を掲載して無い日にも暇を見つけては様子を見に行っていたのだが、工事現場のオッサンモードの視線を感じてか、古いビルの解体に興味のあるような人から良く声を掛けられた。
ネットの掲示板などだけの情報収集と違い、表に出せない様な情報をリアルタイムで得られるので時間を忘れて話し込む事も多いのだ。
------
2009年12月19日早朝、この日は仕事先が近かったので寄り道してみた。
miyako_41 朝には一階基礎立ち上がり部の壁が残っていたのだが、

仕事を終えて夕方通りかかると、その両側共完全に噛み砕かれてしまっていた。
miyako_42

miyako_43 翌20日は新しく購入したコンデジ、キヤノンG11の試し撮りを兼ねて日中の様子を見に行った。

奥の地下階解体も終わったようだ。
miyako_44

2009年12月26日、世の中がクリスマスに浮かれ捲くった翌日に見に行くと、
miyako_45

今や懐かしい木電柱の様な丸太がゴロゴロ並ぶ。
miyako_46

それはタダの丸太ではない。80年間都ビルを土中で支え続けた松杭だ。
miyako_47

敷地の奥には長いままの杭が転がっていたが、手前側には搬出用に短く切断された状態で山積みになっていた。
miyako_48

物言わず寝転がっているが、100年以上の昔に何処か誰も知らない土地で芽吹いた松の木。
建材用として伐採されてから、昭和になって間もない東京までどんな運搬経路でここに来たのだろう。
miyako_49

泥にまみれているが丁寧に洗えば美しい木肌を見せるはず。ただ現状は産業廃棄物でしかないのだが。
miyako_50

その7
関連記事

都ビル解体その5

都ビル解体その4から
取材日、2009年11月7日と15日
正面靖国通りから見るとすっかり更地に見えるのだが、
miyako_32

1階の基礎立ち上がりを残して、敷地奥の地下階の解体作業をしている様だった。
miyako_33


miyako_34 懐かしの丸棒鉄筋。

miyako_35 玄関脇の緑色のタイル。こんな逸品この世じゃ手に入りませんよ。

miyako_36

miyako_37

miyako_38

miyako_39 上述の通り、この2週にわたって手前外観の変化は殆ど無いのだが‥

miyako_40 地下階の解体作業に相当手間を掛けている様だ。


その6
関連記事

都ビル解体その4

都ビル解体その3から

miyako_ex2 すぐ下の画像を見て私が今回の取材の為にやった行為と思われるかも知れませんが、2009年9月27日夕方の取材当時既にこの様な状態になっていました。
 私は興味本位で反社会的な器物破損行為は絶対にしません。

----

2009年9月27日の夕方、様子を見に行くと搬出口のシートに穴が開いていた。
miyako_23 角の尖った廃材をぶつけるとこの様な穴が開く事もある。
 特に塞ごうとする様子もなかったので、カメラのレンズを向けさせてもらった。

床の一部に穴を開け、上部の廃材を下に落として搬出する今風のやりかただ。
miyako_24

穴を開けた床スラブにバタ角をかませサポートで支えている。上からコンクリガラを落とした時の衝撃に耐えるような配慮だろう。
miyako_25

1960年代頃までの床仕上げによく見られた目地。建物の壁に対して45°に模様が入れてある。
私の地元鉄道である西武線の駅ホームでも敷石をこの様な配置にしていた。
miyako_26

2009年10月4日
小さな重機が「どんなもんだい」と言わんばかりに瓦礫の上にふんぞり返っていた。
miyako_27

miyako_28

miyako_29

80年真っ直ぐ頑張っていた鉄筋もクシャクシャに丸まっている。
噛み砕かれた床や壁もセメントが効かなくなっているのか、コンクリート片と言うより砂礫と言う感じだ。
miyako_30

すっかり小さくなってしまった。
miyako_31


その5
関連記事

都ビル解体その3

都ビル解体その2から

miyako_ex1 このエントリーでの撮影は公道から見える範囲で障害物の無い部分を選んで行いました。
 見方によれば盗撮と言われるかも知れませんが、敷地内への侵入はしてない事と解体直前の無人部分であることをご理解いただければと思います。

----
この当時使用していたカメラはCANONのG7というコンパクトデジカメ。
レンズ繰り出しの構造上CCDに埃が付着しやすい事が有名で扱いには神経を使っていたが、このチャンスを逃したら最後と思い地面に雑誌を敷き埃香る風が吹き出す隙間にカメラを置いてシャッターボタンを押し捲った。
miyako_17

miyako_18

miyako_19

miyako_20

miyako_21

miyako_22
建設当時の天井照明は丸いグローブに白熱球だったのだろうか。
左官工事で丁寧に表現された廻り縁を見ると、この室内に丸太の足場を組みその上で手際よい鏝捌きをみせる職人の姿が目に浮かぶのだ。

その4
関連記事

都ビル解体その2

都ビル解体その1から

miyako_07 2009年小暑の頃、遂にその日がやってきた。
 毎日見ていた訳ではないが、シャッターを下ろしたまま十数年。
 バブル期の地上げ、西暦2000年前後の建て替えラッシュを乗り越え、この年代のビルにしては本当に良く残ってこられたと思う。

miyako_08 意外だったのはこのビルに地下階が有った事と、アスベストを全く使用してなかった事。
 戦後何らかの改修工事をすれば大抵アスベスト含有建材を使用してる物だが、建設当時のまま淡々と使用されてきたと言うことか?

miyako_09 解体工事は8月1日からとなっていたが、8月中は画像の通りガス工事(配管の切り離しか?)など外部の変化が少しあった程度で、さして雰囲気に変わりは無かった。


80年前に仮枠を固定する為に使ったナマシ番線の切れ端。今で言うセパレーター、Pコン、ホームタイの3役を担ってコンクリ打ちの時壁の内外の仮枠が膨らまないように固定したのだ。
 ポンプで生コンを送らなかった時代なので、ホッパの分だけの打ち継ぎ跡がハッキリ残っている。
miyako_10

当時の施工を批評したくないが、鉄筋の位置がずれて仮枠に接触し露出してしまった物。
でも昔の鉄らしく良い具合の錆で納まっている。
miyako_11

私の見た仮枠の残骸は、画像の辺りに数枚ぶら下っていた。
現在のような一枚板の枠でなく細い板を何枚か並べて枠にしていたので、スノコの様な模様になっている。
miyako_12

これは隣のマンション建設時に切断したようだ。
miyako_13

miyako_14 2009年8月末
 今まで秋葉原に遊びに行く度わざわざこのビルの様子を確認していたのだけど、この建ち姿を見られるのもこれが最後だろう。
 この先建設業界にどんな新技術や施工方法、新素材が生み出されても、これと同じビルは二度と造れないであろうに。


 そもそも「都風呂」とはどんな風呂だったのか?施工方法?入浴方法?浴槽やその周辺機器の構造?
 私自身の興味もあって、建築施工古書や古い建築写真集を収集しているのだが、それらしい記述は見たことが無い。



2009年9月
秋晴れの下、仮囲いにスッポリ包まれてしまった都ビル。
miyako_15

もうあの姿を見られないのかとガックリしてると、搬出口の下から風が強く吹き出している事に気が付いた。
10センチ程の隙間が開いているではないか。

!!

miyako_16


その3
関連記事

都ビル解体その1

外壁タイルの表面に薄っすらと「都風呂」と右書きされた古い小さなビル。
所在地は東京都千代田区神田須田町、通称靖国通りの淡路町交差点の直ぐそば。
建築年はネットの情報によれば昭和4年(1929年)。
当時は至近に万世橋駅もあったからかなりの繁華街だったと思う。

昭和60年頃から数年間都心部一帯を仕事で担当していたある日、ふとこのビルだけにあった特徴に気がついた。
miyako_01

既に空き地だった向かって右の二階外壁に、建築当初の仮枠が取り外されないまま数枚ぶら下っていたのだ。
当時の東京には昭和初期の建築物件がまだ山のように残っていた頃だったが、建設当時の仮設機材がそのままになってるのは珍しいなと気に掛けていたのだ。
本当に60年近く前の板や材木が、雨ざらしで残っているものか?そんな工事をするのだろうか?若かった当時は想像も出来ない昔の遺物だったのだ。
miyako_02

その頃建設会社で現場監督をやっていた父親に訊くと「昔は地境の概念が薄かったから、ギリギリに建てて仮枠を放置した事もある」と答えてくれた。
確かにそんな感じで、隣家の外壁が取り外しに支障したのは明らかだった。
miyako_03 その仮枠一式は私がモタモタしているうちに、向かって右隣のマンション建設時に取り外されてしまい、残念だが画像としては残っていない。
 緑のネットで見難いだろうが、薄っすらと「都風呂」と右書きされているのが読めると思う。

落下物を防ぐネットが無い画像も持っているのだが、生憎MOディスクに保存してあり直ぐに出てこないのだ。
miyako_04 
 やはり人気の感じないビルは落書きの標的になるのだろう。

落書きされようとも自分の物でなくとも愛着を感じていた都ビルに、ある夜一枚の張り紙がして有るのに気が付いた。
miyako_06

その2
関連記事
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。