2010年05月 - フィールドノート Level チラシの裏

両国橋際公衆便所解体直前レポート

 2010年の正月早々、ネット上にある趣味系画像掲示板にて東京の隅田川沿いにあるとされる2件の
壁式公衆便所(小便器が無く直接壁に放水!)の現状についてが話題となった。
 そのうちの一つ言問橋際公衆便所は小便器つきに改造済みとの報告があり、壁式で残るのは
両国橋際公衆便所だけではと書き込みがされていた。
ryo5984-pt01 もう5年以上前千葉県内での仕事が殆どだった自分は毎日のように
両国橋を渡り現場へ向かっていたのだが、その頃の記憶から両国橋の
公衆便所と言えば橋の南東側詰に所在する仮設の公衆便所しか思い
浮かばなかった。

ryo5984-pt02 この場所は区立両国橋児童遊園があるのだが、2004年春から東日本橋共同溝
の新設工事を行う為一時閉鎖して背の高い仮囲いがされていたのだ。
 この付近は自分の生活圏から離れているので、工事開始前の状況は
全く記憶に無い。



これが私にとって見慣れた仮設便所。共同溝の工事期間が長い為かかなりしっかりとした造りに感じる。
国道からの目隠し画が何故葛飾北斎なのかは意味不明w
ryo5984-pt03 ちなみに便所左横に所在する石碑は、赤穂浪士メンバー
大高源吾の句碑だ。
 この句碑も遠い未来に公衆便所と並ぶとは想像もしてなかった
だろう。

------

前書きが長くなったが掲示板で話題になったのが正月、それから4ヶ月近く後やっと両国橋付近を通りかかる機会が
巡って来た。
事前の情報で旧便所の位置は把握できていたのだが、背の高い仮囲いで観察できないかもと思っていたら‥
難なく橋の上から所在が確認できた。
ryo5984-pt04

何とか写っているが実際は日が暮れて夜の直前と言った時間帯だ。
いつもなら「また昼間明るい時に撮りに来よう」と思う雰囲気なのだが、何故か三脚まで出して撮っておこうと
言う気になっていた。
ryo5984-pt05

数日経った2010年4月25日、天気の良い日曜日は便所調査♪の勢いで再調査に訪れた。
ryo5984-pt06

何とか近くで撮影出来ないかなと正面を見ると、年配の男性が首都高の橋脚に巻き付いた堤防上で休憩中。
ryo5984-pt07

自分もその近くに行くと堤防を乗り越える階段から行けるようだ。
ryo5984-pt08

「おじさん、俺も上って良い?」と声をかけ返事を待たず横に立たせてもらった。
(俺も図々しくなったもんだ。←遠い目モード)
ryo5984-pt09

この便所は公園内便所ではなく公園併設の公衆便所として扱われている。
公園の名前は両国橋児童遊園。1969年(昭和44年)6月30日開園との事だが便所の外観の方が少し古い様に
思われるのと、古い石碑があったり公園の周りを囲うコンクリート擁壁も昭和30年代以前の施工に見えるので、
所謂橋詰広場だった所を児童公園として整備したのではと推測している。
ryo5984-pt10

以下数枚は便所の外観を高画質大画面にて提供します。
ryo5984-pt11

ryo5984-pt12

ryo5984-pt13

 入り口タイルの一枚毎に「公」「衆」「便」「所」って書いてあったのでしょう。
 枠なんかテラゾー仕上げですよ。腰周りの別色左官仕上げと言い、格好の良い便所作ろうとした気合が伝わります。
ryo5984-pt14

ryo5984-pt15

ryo5984-pt16 古い公衆便所の屋根にある箱状の物体は何でしょう。
 東京だけでなく横浜市にある古い公衆便所の屋根にもあるんですが。
 大体電線が引き込まれているので、もしかして水圧が低かった時代の高架水槽かなと?


裏のドア隙間から大便所側のガラスブロックと腰仕上げ部分。
ryo5984-pt17

傍から見たらタダの覗きだなw
ryo5984-pt18

上の写真にあった便所と句碑の隙間から撮影。
また近いうち来ようなんて軽い気持ちで現場を後にしたのだが。
ryo5984-pt19


後日、パソコン上で写真の整理をしていて気が付いた。
ryo5984-pt20左上が4月中旬の夕方撮影





右下が4月25日日中撮影


右側全体を引き気味に撮影した画像中に、便所の引き込み分電盤が取り外されネットフェンスに仮留めされている
様子が写されていた。
ryo5984-pt21

これも何気なく撮影したものだが、現在は共同溝工事ではなく公園復旧工事との張り紙告知もあった。
ryo5984-pt22

よーーーく読んで解釈すると、4月28日からの「南側撤去工」ってもしかすると‥
ryo5984-pt23

------

5月12日珍しく千葉県内での夜間工事に向かうべく夜に両国橋を渡ると、暗闇の向こうに背高仮囲いが綺麗に無くなり
仮設便所付近もスッカラカンな様子が伺えた。
翌早朝の帰りに確認するも便所は跡形も無くorz
ryo5984-pt24

5月16日、再々調査に行ってみると句碑のあった場所は歩行者通路が設置され、
ryo5984-pt25

何となくすっきり明るくなった感じ。
ryo5984-pt26

現場詰め所の横には汲み取り式の仮設便所が設置されて、工事関係者は国道沿いの仮設便所は使えない模様。
ryo5984-pt27

大高源吾氏の句碑は左奥にブルーシートを巻かれて置かれている。
便所があったのはジャバラゲートの右側辺り。
ryo5984-pt28

まさに跡形も無く消え去ったと言う感じ。
ryo5984-pt29

ふと仮設柱を見上げると、あの鉄箱分電盤が寂しそうにぶら下がってる。
ryo5984-pt30

引込み線が繋がってるようだが何に使うのだろう。
ryo5984-pt31

新しいメーターボックスが路面の盛り上がりに合わせてある所をみると、水道契約も残してあるようだ。

あと都内の公衆便所で壁式が残るのは2箇所、うち1箇所は近年新しく壁式で作られたので
当分は安泰かと思われる。
えっ、古い最後の1箇所は調べないのかって?もち行きますよww
ryo5984-pt32


上記本文アップロード前に表示していた当社のネコ画像に3回拍手頂きましたww
↓追記にその画像を残しておきます。
続きを読む
関連記事
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文: