2010年08月 - フィールドノート Level チラシの裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京地域の速達ポスト、2009年春の現状について:3

このエントリーは、長期間公開保留にしていた記事を2010年9月に再編集した物です。
後日公開日時を変更いたします。

承前
東京地域の速達ポスト、2009年春の現状について:2
----
その7
ポスト所在地、1040031 中央区京橋3-13-1 ポスト番号130 郵便差出箱4号
投函した郵便物の問い合わせは銀座支店、ポストの管理は京橋支店と記されている。
都営地下鉄浅草線、宝町駅すぐ。鍛冶橋通りに面した秋田銀行東京支店の前に所在。
京橋3_1京橋3_2


ここのポストは珍しい事に、赤ポストと青ポストの位置が左右逆だ。
勿論お互いが接近してると取り出し口が開けられないので、3m少し離れて設置されている。
京橋3_3京橋3_4


これは表面塗装の痛みが激しく、本体から錆も浮き出している。
京橋3_5京橋3_6


京橋3_7
EXPRESS POSTの文字も消えかかり(いや塗ってしまったか?)
今は青色の錆止め塗料があるので、夜中にこっそり錆落としして補修してあげたいものだ。
京橋3_8京橋3_9


京橋3_10参考までに2009年4月現在の収集時刻。


----
その8
ポスト所在地、1030027 中央区日本橋3-4-10 日本橋支店 ポスト番号211 郵便差出箱4号
JR東京駅八重洲口から徒歩2分位。八重洲通りと中央通りの交差点北西角に所在。
八重洲通り3_1八重洲通り3_2

南に向いた背中の塗装が褪せまくってますが、正面はそれ程でも無し。
八重洲通り3_3八重洲通り3_4

ここもEXPRESS POSTの文字が消えかかり。
しかし「速達郵便」の抜き文字フォントも、良く見ると昭和30年代っぽさが滲み出ていていい味わいですな。
参考までに2009年4月現在の収集時刻。
八重洲通り3_5八重洲通り3_6



------
いよいよ最後、その9

ポスト所在地、1030012 日本橋堀留町1-8-10 日本橋支店 ポスト番号604 郵便差出箱4号
東京メトロ日比谷線の人形町駅から徒歩3分ほど。都営バスの堀留町停留所そば。

最近良く見かけるこの赤いポスト、実は右側差し出し口で速達も受け付けているんだよね。
ここまで速達ポストを紹介してきて言うのも野暮だけどw
堀留3_1堀留3_2


取り出し口辺りは満遍なく傷だらけ。
堀留3_3堀留3_4


EXPRESS POST文字も擦れ気味。
堀留3_5堀留3_6


足元の腐食具合はどうかなと裏に回ってみると、
堀留3_7堀留3_8


誰か銘版の塗装を剥がしてるしw(私はやってません)
昭和36年11月製造だって。他から移設されて来たので無ければ、50年近く人形町界隈の移り変わりを見守ってたのか。
堀留3_9堀留3_10



参考までに2009年4月現在の収集時刻。
堀留3_11堀留3_12



以上、東京都内に残る速達ポストの現状レポート2009年版でした。
関連記事
スポンサーサイト

東京地域の速達ポスト、2009年春の現状について:2

このエントリーは、長期間公開保留にしていた記事を2010年9月に再編集した物です。
後日公開日時を変更いたします。


承前
東京地域の速達ポスト、2009年春の現状について:1
----
その4

ポスト所在地、1030027 日本橋2-3-21 日本橋支店 ポスト番号208 郵便差出箱 特4号
JR東京駅八重洲口から徒歩5分ほど。八重洲仲通りに面した群馬銀行東京支店の前。
日本橋2_1

と言うか、コンビニのセブンイレブン真向かいと言った方が判り易いかも。
日本橋2_2日本橋2_3


日本橋2_4全体の塗装は比較的綺麗。
たまに張り紙をする所が剥げている程度。

日本橋2_5日本橋2_6


日本橋2_7大きな傷も無く。テカテカに光ってます。


製造銘板はペンキの厚みで読み取れず全く不明w
日本橋2_8日本橋2_9


参考までに2009年4月現在の収集時刻。赤ポスト青ポスト共同時刻に収集してます。
日本橋2_10日本橋2_11


------
その5

ポスト所在地、1030027 日本橋2-9-1 日本橋支店 ポスト番号111 郵便差出箱4号
東京メトロ東西線日本橋駅、都営地下鉄江戸橋駅からすぐの日本橋二郵便局真正面に設置。
日本橋二郵_1

自転車も疲れたのか横で寝転んでいる。
日本橋二郵_2日本橋二郵_3


郵便局前だとそちらに直接持ち込んで速達依頼する人も多いからか、小型のポストが設置されている。
日本橋二郵_4日本橋二郵_5


日本橋二郵_6参考までに2009年4月現在の収集時刻。


------
その6

ポスト所在地、1030022 日本橋室町4-5-1 日本橋支店 ポスト番号412 郵便差出箱 特4号
JR総武快速線、新日本橋駅下車すぐ。中央通りに面したさくら室町ビルの真正面に所在。
日本橋室町2_1背後に写る2016年東京オリンピック招致の幟が、もう懐かしく感じられる今日この頃w

塗装と文字書きは別工事だからだろう。どの速達ポストも再塗装時にはEXPRESS POSTの文字をギリギリ避けている。
日本橋室町2_2日本橋室町2_3


錆の浮いた取り出しドアに、張り紙と塗装を繰り返して出来た青いグラデーションが何とも美しい。
日本橋室町2_4日本橋室町2_5


参考までに2009年4月現在の収集時刻。
日本橋室町2_6日本橋室町2_7



東京地域の速達ポスト、2009年春の現状について:3 へ続く
関連記事

とろけハウス更新project、第36週目

第36週目、1月24日から31日間での作業。

いや~~先週は3人で飲んだ飲んだw
綺麗に洗って資源回収に出しました。
w36_01

今週もボリュームタップリな既設換気設備の改修工事があって、中々自宅工事は進みませんorz
w36_02

両国橋際公衆便所解体直前レポートにある「千葉県内での仕事」で大変世話になった(株)仲川総合設備工業さんから寄贈品です。
建築雑誌に掲載される様な「作品」物件を多数手がける技術力ある業者さんで、私も一緒に仕事しながら色々勉強させてもらいました。
お互い自営業者として独立してからは繁忙のタイミングが合わず、仕事の縁が遠退いていたけど今工事の進行を知りわざわざこちらまで届けてくれたのです。
w36_03
感謝。上手に活用いたします。

さて、二階の鋭角入り隅の下地加工。
w36_04

垂木の一辺を20°に割いて合板を受けるように加工。
w36_05

その反対側、衣類保管場所予定地の壁下地とコンセント回路の配線をする。
w36_06

二階は上下胴差しの芯寸法が2730mmなので一階壁と同じく合板は横張りにした。
w36_07

元階段上がり口の枠は埋めるので、不要な漆喰壁を撤去する。
w36_08

こちらから見るに跡形も無く塞がった。
w36_09

上画像の真向かい、寝室予定部屋入り口の壁も合板張り込み。
w36_10

さ~~3階の部屋工事開始。先ずは北向きの小さい木枠窓をアルミサッシに交換する。
w36_11

木枠の下、水切り板金を剥がした所。
0.238mmだって。今建築材料として手に入る鉄板の厚みでは聞いたこと無い寸法。
この部屋は昭和38年の増築らしいけど、その当時で小数点以下3桁まで正確な厚みで製造販売してたのだろうか?
w36_12

ほい、アルミサッシに取り替えたよ。
既存窓の縦寸法と同じアルミサッシは現在製造していないので、窓上が10センチ程小さくなった。
寒いので隙間を細切りラーチで塞いでみたw
w36_13

今週もN君がビール片手にぶら下げてやってきたww
w36_14
はい、勿論応戦しますよw


w36-100124
関連記事

とろけハウス更新project、第35週目

第35週目、1月17日から23日間での作業。

前週に引き続き廃材から窓枠の作成。
w35_01
を、してる傍から外部の仕事依頼盛り沢山w

倉庫の瓦棒屋根施工、急勾配過ぎて滑りまくりw 面積の割りに手間掛かり過ぎ。
w35_05

毎度の喫茶店厨房ステンレス張り工事も割り込んできた。
w35_06w35_07

おまけに何時もは柱一本分しか無い筈の銅板巻きも、この現場は離れた場所にもう一本分あるのに気が付かず帰宅w
其れだけの為に遠路再度工事に向かう。
w35_08

極めつけはネットのお友達N君とAさんの二人が来て、とろけハウスにて突発飲みオフw
いやいや飲み過ぎましたww
w35_09

で、週末に少しだけ進行。初期トイレ跡地の窓枠は、全部ラーチ細切りで組んでみた。
w35_02w35_03

この窓の左下辺りは階段が被ってくるので、その部分だけ枠の出っ張りを削って壁と面一にする予定。
w35_04


w35 100117-
関連記事

とろけハウス更新project、第34週目

*食事とトイレ以外はとろけハウスにて済ませるようになったので、更新再開します。@2010/08/15
----
第34週目、年明け第一弾の材木を買ってきた。タルキと石膏ボード、それにラーチだ。
w34_01

風呂場の裏、事務机を置く予定地の壁を張る。
w34_02

電気配線は直にスッテップルで固定、電話線とLANケーブルはCD管を埋め込み、交換対応がし易い様にする。
在庫の黒色と廃材処分で引き取ったオレンジ色にて施工。
置き場所に困ったガルバの生地波板が早速陣取るw
w34_03

さぁ、窓枠だけどこれを長物の既製品で買うと一本3000~4000円もするのね。
小さな窓なら二箇所くらいに使えるけど如何せん高いのと、枠と柱の隙間が
狭い所もあるので廃材を加工して枠に加工してみた。
w34_04

枠の下は店舗の腰壁用に余った杉の廃材、縦はラワンのベニヤ板廃材、天板は壁に張ったラーチの余りと
釘と接着剤以外はゴミから作ってみた。
w34_05

入り隅の所も思った以上に綺麗に納まってるでしょ。いい鋸刃使えば木口も綺麗だし、後でニス重ね塗りすれば見た目にも問題ないと思うのです。
w34_09w34_06


枠の外側に見える小さな金物は、市販の枠位置固定金物。多少反っててもこれで水平垂直に固定できる優れものです。
w34_08

筋交いを入れた所は、合板ではなく石膏ボードにて壁仕上げ。
w34_07

旧トイレ部の壁は窓上の寸法が板一枚に丁度良いので横張りで。
w34_10

下も同じく横張りで納めます。
w34_11

枠待ちしてた机予定地の壁も断熱材を入れて合板を張っておく。
w34_12

w34
関連記事

現地調査 review:04 港区虎ノ門3丁目にあった「ヤミサハ」

「現地調査review:~」は写真スキャナーの取り込みソフトが言う事聞かないので、古いプリントをデジカメで直接撮影して
アップしようと考えた企画。
------
初回調査日 1982年05月09日,7月11日
再調査 2010年7月
自分は高校1年の3学期から卒業までビル掃除のアルバイトをやっていた。毎週土曜は文京区湯島に現存する
ある企業のビル、第二、第四日曜はこの一連画像を撮影した虎ノ門4丁目の「Yビル」を担当していた。
(現在このYビルは解体済み)
review04-11昼休みは何を食べたか記憶に無いが、一緒に作業していた仲間とビルの上階で昼寝をするのがお約束であった。
もう1年以上見慣れた虎ノ門の街並み。そんな風景もきっと変わってしまうのだろうと、鉄道車両ばかり撮影していたカメラを、それ以外に向けてみようかと思い始めたのがこの頃だった

画像右、茶色い階段状のマンションは「トーア虎ノ門ガーデン」
1982年3月完成で、下階の横断幕に分譲中と書いてある。
中央に見えるこげ茶のビルは、つい最近道路建設の為解体されてしまった「17森ビル」。
奥に見える鉄塔は、東電本社のアンテナ塔。
今この高さでここまで見通し利くのでしょうか?
(2010/08/13 スキャン画像に差し替え)

Yビルから少し北に位置する歩道橋上から北方を望む。下の道路は国道1号通称桜田通り。
所謂美濃部カラーの都営バスが懐かしい。
review04-1review04-2


同じ歩道橋から南方を望む。東京タワーから直線距離で700m程だが、現在は目の前に建つ大きなビルの陰になり全く見えなくなっている。
左に見える黄色に赤線の2色塗りも都営バス。この塗装は何故か不評で2~3年で現在の緑色とクリームに変わってしまった。
review04-3review04-4


虎ノ門40森ビル絶賛建設中。このビルは2002年10月1日、虎ノ門40MTビルと名を変えて2010年現在も活躍中だ。
review04-9review04-10


そして今エントリーのタイトルになった戦前築と思われる住宅群の俯瞰。1982年頃はまだこの様な古い個性的な家が普通に見られた。
現在同地に「ニッセイ虎ノ門ビル」が建っている。ビル横の公開空き地詳細図に落成日と思われる平成4年5月1日の表記があったので、これら住宅群も平成になっても残っていたのかも知れない。
review04-5review04-6



上記住宅群の一番右にあった「ヤミサハ」。当時の自分が気を引かれた建物の一つだ。
当時でも右書き表記を見かけるのは珍しく、本当に鋏だけ売りまた研いで商売になったのか不思議でたまらなかった。
現在その場所は駐車場の入り口になっている。
review04-7review04-8


画像中に見える歩道橋から、上のバスが写った写真を撮影した。
大きな駐車場があったり木造3階建ての店舗が見えるが、現在は当たり前のようにビルが立ち並ぶ。
review04-12review04-13


--------

ところでこんな写真も出てきた。「ヤミサハ」から北に少し歩いた桜田通り沿いに設置されていた大きなポスターを貼る広告板。
わき道から繋がる交差点付近に設置したあったのは憶えているが、具体的な住所は全く思い出せない。
review04-14review04-15
枠の上に「JUNファッションボード」と書いてある。そう、あのファッション関係の会社が設置していたものだ。
男子校且つ電気科&バイトはビル掃除という非モテ要素満載だった当時、このポスターに何を思ったのか一枚だけ撮影しておいたのだ。
現在は肖像権の問題があると思いモザイクをかけたが、古風なデザインのビキニを着た若い子は当時の自分と同年代で、資生堂シャワーコロンのCMの為に結成された「シャワー」と言うグループとの事。

そして「シャワーコロン 資生堂 村上」のキーワードでgoogle先生に訊くと、ちょっと驚く。
メンバーの一人がタレントとして現役なのだ。モザイク画像で言うなら時計の4時辺りに浮いてる女性がその村上氏と思われる。
更にyoutubeで「Do Up Loving」を検索すると、当時の動画も見られる。
おじちゃんはこの歌リアルタイムで知ってったが、動画は今回初めてみたよw

関連記事
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。