2011年01月 - フィールドノート Level チラシの裏

静岡県清水区、柳橋公衆トイレ

便所調査を終えたら静鉄の静岡清水線単純往復を目論んでいたので、先ずは新清水駅そばのコインパーキング
に車を入れた。
駅前を南北に走る道の駅側は1時間200円、反対側は30分100円。勿論時間刻みの短い方を選択、駅まで
歩いた道を記憶する。
駅前の明かりを使って地図を確認。柳橋公衆トイレは「清水区銀座87」と記載されているが、リンク先の通り
正に銀座のど真ん中
柳橋トイレex1
東京銀座の時計台がある交差点に公衆便所が佇む姿を妄想しながら東海道線の踏切を渡り、商店街を
歩く。
ずいぶん分厚いアーケード???えっ、建物が道路に迫り出してるしw
迫り出してる建物は新しい物から築50年以上と思われる古い物まで多種多彩。この様な作りは初めて見た。
建物の所有者さんが歩道部分を提供してると考えるのだろうか。
柳橋トイレex2
この位大きな建物なら不安定に見えないけど、小さいと前に転びそうで不安になるなぁ。
このアーケード上を有効活用する建築方法、他の地域にもあるんですかね。

ちなみに中部電力のトランス箱とピット点検用蓋は、建物最前面より道路側に設置されてました。
柳橋トイレex3
あれ、俺何しにここに来てるんだ?
上のメガネ屋さんがある交差点を川の方向に目を向けると、川面に駐車場を載せた橋が見える。

それが柳橋だ。
柳橋トイレ1

橋の手前、街路灯に町会倉庫と小さな建物が照らされている。
柳橋トイレ2

ありました。手元資料によると建築面積は6平方メートル、これに間違いない。
正確な住所は銀座12ですね。
柳橋トイレ3

タイルの色が港橋公衆トイレに似てますね。
柳橋トイレ4

入り口にある手洗い水のみもかなりお洒落だと思いません?
既製品かな?石材店に図面渡して発注かけたのか。
柳橋トイレ5

柳橋トイレ6

渋めのピンク。壁のタイルとトーンが合っていて良い感じです。
柳橋トイレ7

柳橋トイレ8

柳橋トイレ9 これは大便器だけ交換してますね。いや、以前このピンク色の
大便器が在ったかどうか確認してませんが。
まぁ長年の勘ですw


奥に見える小さなブレーカーボックスにも、保安協会さんの調査ラベルが貼ってありますね。
緑色のは偶数年調査って事かな。関東は奇数年が黄色、偶数年が白でした(遠い目)
柳橋トイレ10

ここも敷地に合わせて台形に作られているのが分かります。
柳橋トイレ11

水洗ラベル。左には工事店の名前まで入っていました。
柳橋トイレ12

トイレ調査ではストロボを焚かない主義なんですが、外観の画像は後の検証に絶対必要なので
現地を立ち去る直前に一枚だけ撮影。
巾木部のタイルからして昭和50年(+-5年)の建築と推測してみました。
柳橋トイレ13

真後ろが公営駐車場なのでそこから屋根の状況を撮影。パラペットに勾配が付いてるんですね。
ありゃ、誰ですか?さる手フックみたいな格好して写真撮ってるのはwww
柳橋トイレ14
ここの駐車場は1時間100円。さっき歩いた商店街の中にある駐車場も1時間100円。
駅前より銀座商店街の方が駐車料金が安いなんて想像出来なかったorz

便所調査は満足したので、新清水駅まで歩く。
小さな公園に電気の点かないトイレがあったが、取材には不審過ぎる状況なのでパス。

巴川を渡るJR東海道線と静岡鉄道の鉄橋が低すぎて楽しいw
東京も泉岳寺の方に1.5m制限位のトンネル(ガード)があるけど、ここ橋桁防護工は実測175cm程で
東京のよりちょっと高い感じかな。
柳橋トイレex4

そして静鉄線の単純往復w
席に座り目を瞑ると東急池上線に乗ってる錯覚に陥りました。
柳橋トイレex5

ざっと3件廻って気づいたのは、どの公衆トイレも地元の祭り会場のそばにあるという事。
普段はひっそり佇んでいても、年に一度は大活躍する日があるのです。

じゃ、東京に帰りますよ。
関連記事

静岡県清水区、港橋公衆トイレ

港橋公衆トイレの住所は、前述の資料に「清水区港町1-201-5」と記載されている。
私の経験では住所に3桁数字が入るのは集合住宅だと認識しているが、これは 丁目、番、号と並ぶ
新住居表示ではあまり見かけないタイプだ。
大昔、配達の仕事をしていた頃の経験から「1-20-15」か「1-2-15」の勘違いと言うのが偶にあった
のを思い出す。
事実、googleマップで上記住所を検索すると、海に面したユニクロのエスパルスドリームプラザ店
の辺りを指示される。これは明らかに違う、そう思ったが先ずは現地にいって確認しようと車を走らせた。
港橋トイレex1
そういえば静岡県に来てるのに、富士山の写真を一枚も撮ってないと気づき無理栗一枚押さえておく。

今風の土木資材で整備された港を、便所を探しながら歩く。
何やら気を引く古い漁業倉庫がぽつんとありますよ。
掲載した写真は一枚だけど、長年潮風に耐えている姿に嬉しくなり便所探しを忘れて写真を撮り捲くってしまった。
港橋トイレex2

確かにこの倉庫の後ろに公衆便所はあった。しかし自分の探している物とは違うようだ。
手元の資料によると建築面積が20.3平方メートルとある。
ここの便所は男子区画だけで20平方メートル以上あったのだ。

目的の便所名をよく見直す。あれ?「港公衆トイレ」って書いてありますよw
港橋トイレ1

地図を見直すと港橋まではエスパルス通りを一直線に走った先だ。
下の地図の現在地とがあるところだ。
住所の表記は無いが、周辺の建物から推測すると「港町1-1-8~10」位ではと思われる。
港橋トイレ2

普通の人の観光目的地で言えば、「清水の次郎長の船宿 末廣」の真向かいだ。
港橋トイレ3

だが俺の観光地はこっち。
港橋トイレ4

2010年も暮れると言うのに何やってんだかw
港橋トイレ5

男子側の窓が開いてますね。人が居ないのを確かめてから、ちょっと覗いてみましょう。
港橋トイレ6

シンプルな装備ですね。
港橋トイレ7

港橋トイレ8

グレーのタイルで統一されてますが、写真で見るより明るく感じられますよ。
港橋トイレ9

足で押さえてますが、閉まる力は弱いので壊れるような事はありません。
便器前方のタイルの様子から、建物が台形になっているのが判ります。
港橋トイレ10

久々のドリフタンク。
港橋トイレ11

港橋トイレ12

入り口脇にあった中部電力さんのロゴマークと謎の記号。こちらの保安協会さんは調査済みラベルを
貼ってるんですね。関東の方は昭和の時代に廃止してます。
港橋トイレ13

水洗ラベル。八千代橋公衆トイレのを撮り忘れたぞww
港橋トイレ14

あ~とっぷり日も暮れました。あと6時間ほどで新年ですよ。
港橋トイレ15

でも俺は行きます、最後の一箇所「柳橋公衆トイレ」へ。
関連記事

静岡県清水区、八千代橋公衆トイレ

年末大晦日恒例の遠距離公衆便所調査。
2010年の締め括りは、都内から直線距離で135km程の場所になる静岡県清水区の公衆便所
を目指してみた。
八千代トイレ1
今回私が入手した「静岡市環境局廃棄物対策部発行、清掃事業概要 平成22年版」に拠ると
廃棄物対策部が所管する公衆便所は3箇所あると記載されているのだが、他、清水駅前や
港の船着場にも公衆便所は存在していたので、複数の部署にて維持管理が成されているのではと
推測した。
今回は簡単な下調べだけだったので上記の3箇所を順番に巡ってみた。

最初に訪れたのは、国道1号バイパスからわき道に入りほぼ一本道で到達できる「八千代橋公衆トイレ」。
資料の住所欄には清水区富士見町1番地先とある。
八千代トイレ2

google先生に訊くと、八千代橋の東側にあるこんもりとした茂みの中の水神社を指示された。
神社のそばと橋の袂はトイレ設置率の高い場所だ。
航空写真を見ると神社の北側にそれらしい屋根が見える。
八千代トイレ3

記憶したその画像を思い出しながら県道197号線に入り橋の辺りをキョロキョロすると、
右に見えてきました。
八千代トイレ5

綺麗なツートンカラー。
八千代トイレ6

神社の敷地に食い込んでるのかな。多機能トイレの入り口はこちら。
八千代トイレ4

勾配上に設置されているので、男女の入り口高さが違いますね。
八千代トイレ7

窓サッシやタイルの割り振りが大変丁寧に検討されていると感じましたね。
図面も良いものが出され監督さんや施工業者さんの作業意識も高かったのでしょう。
八千代トイレ8

八千代トイレ9

ペーパーも完備してるので、急な催し物でも安心です。
八千代トイレ10

八千代トイレ11

こちらは多機能トイレの内部。入り口に換気扇のスイッチだけあったけど、照明スイッチは
天井のセンサーだけかな?
八千代トイレ12

天窓からの光がたっぷりなので、日中は照明の用は無いでしょう。
八千代トイレ13

日もだいぶ傾いてきたぞ。急いで2件目「港橋公衆トイレ」に向かう。
関連記事
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文: