2017年05月 - フィールドノート Level チラシの裏

ご存知、高円寺のエレックセンター、2017年春の様子

古本や古写真など紙物は、たまに広げて空気に晒さないと結構痛むものだ。
今回広げたのは38年前、私が中学生の頃少ない小遣いから予算を捻出し、毎月買っていた当時の情報誌。
表紙にラジオと書いてあるが、内容は電子工作や無線の受信方法などが掲載されていた。
高円寺エレックセンター01

表紙を捲ってすぐの位置には毎月ほぼ同じ企業の広告が掲載されていた。この杉並区高円寺にあった
エレックセンターもその一つ。
高円寺エレックセンター02

ただ当時でもこのお店には行った事が無い。理由は簡単。当時の実家からは、電車の乗り換えなしで行ける秋葉原の方が近く、
店数も品数も多かったからだ。
しかし毎月雑誌に広告を出せる店は、私の心を惹きつける何かがあった。

2017年春、高円寺駅付近での仕事の機会が有った。
ふと思い出し下調べすると、まだ看板が残ってるらしい。そうだ、広告に描かれた場所に行ってみよう。
高円寺エレックセンター03

東京都杉並区、環七外回り、歩道橋の階段脇。
高円寺エレックセンター04

お店は疾うの昔に無くなったが看板は健在。
高円寺エレックセンター05

シャッターの前に雑草が伸びている所をみると、現在この場所を借りている人は居ないのか?
ストリートビューの歴代画像を見ても、毎回シャッターは閉まっている。

最近高所に設置された看板を、費用と安全対策の責任から交換せず残す話をいくつか耳にしたが、ここは2連梯子で届く
高さなので次の入居者次第で交換はあると思う。
こう言う物件は、まだあるまだあると取材を延ばしてると突然無くなる物だ。
閉店から22年、エレックセンターに思い入れの有る方は、急ぎの取材をお勧めする。
高円寺エレックセンター06

2017/04末取材撮影
関連記事
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文: