2017年07月 - フィールドノート Level チラシの裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら梅田EST-1@1991年7月

関西方面の90年代画像も沢山あるので、どんどん載せてみる。
1990年頃は、公私共に関西方面に行き来が多かった。
元嫁と結婚するにあたり、知り合うきっかけとなった職場の上司に挨拶しようと二人で転勤先の神戸を訪問した時撮影した画像。
確かJR大阪駅の高架下にあった商店街の閉店告知と思う。
梅田EST-1さよなら1

アニメの話は良く解らないのだけど、ベルバラ系?のイラストで閉店告知をするのは、平成時代初期にはかなり珍しかったと思う。
このエスト1番街に思い出の有る人は沢山居るだろう。
でも、盛業時を知らず偶々東京から大阪に来た自分にとって、この「さよなら」の文字だけが妙に印象に残ったのだ。
梅田EST-1さよなら2
昭和育ちの男である私は、結婚して子供ができたら嫁は専業主婦にして自分は休みなく働くもんだと思い込んでいた。
さよならエスト・・・
カメラのシャッターボタンを押しながら、もしかしたら当分大阪、いや大阪どころか小さな旅行すら出来なくなるなと思ったのだ。
「さよなら」と言うのは、私のそんな未来に対して??

実際、この次大阪を再訪したのは2010年6月、実に20年も間が空いてしまったのだ。

------
以下鉄分の多い話。普通の人はごめんなさいwその筋の方にわかりやすく書きます。

私が小学生の頃、図書館で借りた雑誌に阪急京都本線に6300系デビューとの記事が載っていた。
デイ100の走りを雑誌で読み知っていた自分は、その再来かとワクワク妄想していたのだ。

初めて自分の足で京都~大阪間を移動する機会に恵まれた時に乗車したのがこの6350だった。
子供の頃雑誌で見た編成に乗車できてラッキーと思っていたのだが、その後間を空け何度か
阪急京都線で特急に乗車する機会があったが不思議な事に毎回6350Fに当たるのだ。

下の画像もそう。上記旅行の際、やはり河原町~梅田間で乗車して、6350とは何かの縁あるんじゃないかと思い撮影した物。
阪急6350

先ほど検索してみたら、編成としては廃車になったがこの先頭車だけは解体されず車庫で保管されているとの事。
私は東京生まれ東京育ちだけど、同じ時代に京阪間で仕事をこなした6350Fに思い入れが有る。
いつの日か保存車の公開でもあったら、是非見に行きたいと思う。

お互い遠方に居るけど、また逢えたなwってね。

----
次も1990年画像、井戸を埋める話を予定しています。
関連記事
スポンサーサイト

パスワード、変えてますか?その2

ここで被害に遭った時のIDとパスワードの利用状況を整理してみる。

私はネット通販やオークション連絡等の商取引だけに使う専用の連絡メールアドレス(A)を使用しており、(A)をログインIDとして
指定する所ではそのまま(A)を使用していた。
パスワードは、(A)を使用する通販業者もそれ以外のIDを必要とする所、そして(A)その物にログインするにも、全て同じ物を使用していた。
----
ただ、登録された情報を新たな物に変更するのは、その通販業者のログイン画面をパソコンに表示した状態且つ管理部門に
電話で繋がった状態でやって欲しいとの事。
要するに、犯人は手作業では不正ログインを試みていないと言うことか。

後日、指定通りパソコンの前で通販業者に電話を掛け、相手の監視下で新たな情報に更新し通販利用が再開できた。

私の登録携帯番号は、例えるならoと0、lと1の違いの様な小細工変更がされ、私に繋がらないようになっていたが、
万が一配送業者さんがその番号に掛けたとしたらどうなっていたのか。
配達先住所は、都内の有名繁華街至近のマンションが林立している、その内の一室が指定されていた。
私は結構妙な裏路地に通行人風で入ったりするが、ここには行こうと思わない。そんな場所だ。

とあらん

この事件の後から、その通販にログインしただけでメールによる連絡が来るようになった。各種情報を変更するには
ログインする訳で、もし急ぎ対応できる状況なら通販業者と利用者双方にメリットがある。
それらの連絡用タブレット無しの状態で居るのは怖いので、早々にLTE対応と言うだけで色も選ばずZenPad7.0を買った。
純粋携帯電話でのネット接続サービスが次々打ち切られる現状、通販やオークションを利用するなら絶対必要だと思うからだ。

最後にその1の文末に書いた迅速な発送も、特にポイント利用時には何か簡単でも別認証を追加して欲しいと思うのだ。
マメに使っておけよと言われそうだが、ポイントはログインできたら直ぐに使える現金が目の前にあるのと同じなので、
今でも不安に感じている。
----
次回は1990年代画像の記事を予定しています。
関連記事

パスワード、変えてますか?その1

今日の夕方は半年に一度のネット上各所で使用するパスワードの更新作業にあてた。
今年度53歳になるオッサンにあっては、ネット上で使用するパスワードを個別に複数記憶するのは困難を極める。
何とかその文字列を複数ブロックに分け利用目的で連想する文言を組み合わせているのだが、記憶違いでログイン不可に
なる事は当たり前だorz
しかし何故その困難から逃げないのか?それはつい一年半ほど前、某ネット通販でIDとパスワードの不正利用に遭遇したからだ。
下記掲載のスクリーンショットがその証拠。
ポイント不正使用
当時の事件状況を報ずるgooooogle先生の検索リンク→ビックカメラ ポイント不正使用
いや~私のカメラ趣味を知ってたかの様な商品選択w
でも私との大きな違いは、ポイント還元率の高い商品にはポイントを使わないと言うこと。
酒や専売品などポイント還元率の低い商品購入でポイントを使うのだ。

私に珍しく文章だけになるが、当時の状況を詳細に記載する。

私は身の回り品は機能別に分けて所有する主義で、通話専用の携帯電話と業務連絡用として7"タブレットnexus7を所有していた。
事件の始まりはこの直前、普段使いしていた業務連絡(PCメール)用のnexus7の画面を割ってしまった事からだ。
nexus7の無い状態且つ連日の深夜帰宅でPCメールチェックが疎かになっていたある日の深夜、虫の知らせか
疲れていたのにPCを起動して各アカウントにログインすると???な一言が見つかった。

「会員情報変更完了のご案内」(@絶賛仕事中な時間の送信w)

そのメールには何を変更したかは記載されていない。どれどれとそのショップにログインを試みるもログイン出来ず。
やられたなと直感。
すぐに連絡先を調べるも、日を跨ぐ時間帯に緊急報を受け付ける連絡先は無し。
24時間注文を受け付けているのに、緊急事態を連絡する方法が無いのはどうした物かと苛立つが、暢気に記載された
連絡フォームに事の次第を記載し翌日の連絡を待つ事にする。

さて、この時点でやるべき事は、私が登録している全てのネット通販業者のログインパスワードを変更する事。
私はこの時点で「アマ~、ヨド~、モノタ~、NT~その他諸々」数十箇所全部同じメアドとパスワードwwを使っていたのだ。
もうバカ丸出しである。作業中に震えが来たのは、冬の終わりで室温が低かっただけでは無い。
幸にも他の業者へのログインと情報変更はスムーズに終わった。
遅い時間だったが、精神的にも疲れたのでゆっくり風呂にでも入るかと浴槽に湯を張り冷えた体を温めた。

その寛ぎの最中、頭に浮かんだ文字列

「各所に登録してるメールアドレスのログインパスワードを変えて無いじゃんww」
はい、通販業者さんへのログインパスとメアドのログインパスも同じでした。
もし湯船で寛いでいたその時、犯人がメールボックスを覗き見orパス変更してたら?

バスタオルを腰に巻き大急ぎで部屋に戻りメアドにログイン。ラッキー!!何とか間に合った様だ。
しかしメールボックス内容をこっそり見られた可能性は無きにしも非ず。それは犯人にしかわからない。
----
翌日の午前中、私の携帯に当該業者さんから連絡が来て、既に私のアカウント凍結と使用されたポイントの返却、
商品発送のキャンセル操作をしたと知らされた。
その時に思ったのは、顔の見えない相手から受注~支払いが済んだからと、ただ闇雲に早いだけの発送が正しいのか言う
疑問であった。

続きます。
関連記事

1992年、新潟県のシンボルマーク投票ポスター

以前このブログコメントの返信にも書いた、日本のバブル景気時代に流行った企業ロゴ変更の波は、
ここ新潟県の行政分野にも及んだようだ。
現在のシンボルマークは、1992年(平成4年)3月27日の県公告で制定されたもの。
google先生への検索リンク→新潟県 シンボルマーク
下画像は1992年01月19日にJR小出駅で見かけて、採用されない案も将来ネタになるだろうと思って撮影した。
お約束、この中の不採用案に似たのを何処かで見かけても黙ってて下さいね。色々大人の事情があるかも知れないので。

新潟県マーク投票
でもざっと見、どれが今のシンボルマークか判らなかった。
左端、下から2番目だよね。今は基本青だそうで、投票時と色が違う。そこで今晩のトリビア。
「新潟県のシンボルマークを選ぶとき提示された色は、赤だった。」

関連記事
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。