衛生陶器コレクション~小型手洗い器編~ その2 - フィールドノート Level チラシの裏

衛生陶器コレクション~小型手洗い器編~ その2

前記事リンク →衛生陶器コレクション~小型手洗い器編~ その1

大変長らくお待たせいたしました。
「古便器ジャーナル社」発行の月刊誌「楽しい衛生陶器」編輯長、lcx7672氏の小型手洗い器コレクションを
ご紹介するエントリーです。

今回の1点目、以前福井県にて操業していた北陸窯業製の作品になります。
pott_120901

ロゴマークは何をイメージした物でしょう?ヒトデ?雪の結晶を図案化した様にも見えますね。
なお、新しい所ではマークなしで「hokuyo」の文字だけの物も存在しています。
pott_120902

目皿は小さなものを直接置くタイプ。この個体の汚れは別として、大変滑らか且つ上質な成型で仕上がっています。
pott_120903

この手の品の裏側は素焼き部分が見えるのが常識的な中、炉の床に接した部分のみ素焼きになってるなど、大変丁寧な仕上がりになっております。
このレベルのお品なら大切な方への贈り物にも最適ですね。
pott_120904

2点目、常滑陶管製の作品。
pott_120905

そういえばアルファベットの筆記体って最近見かけないですね。
癖字強い人の筆記体だと何が書いてあるのか判らない事が多いので、それはそれで良いのですが。
この様な印字だと読みやすくて良いですね。
pott_120906

これは未使用新品なので、小さな目皿が針金で縛られたままになってます。
pott_120907

埃がww。暇なときにでも写真差し替えておきますw
pott_120908

裏には文字や記号の刻印無し。素焼き部分以外のネジ穴部辺りも、大変綺麗な成型がされております。
pott_120909

出ました。今をときめくTOTO製、5重鷲ロゴの小型手洗い器の未使用新品です。
pott_120910

鷲が地球を鷲掴みしているロゴマークはネットを検索すれば容易に見かけますが、
5重鷲ロゴの新品アップはこれが初公開と思われます。
pott_120911

このロゴマークは大衆需要目的品用として1932年3月から硬質陶器質製品に使用された物であります。
pott_120912

表面仕上げが貫入は別として、現在普通に見かける衛生陶器と違うのがお判りいただけるかと思います。
pott_120913

裏側は流石TOTOと言いましょうか。壁に当たる縁の部分を研磨してあります。
タイル面に正しく当たれば、がたつきや無用な疵の発生を避けられますね。
pott_120914

さー毎度の刻印数字の検証です。
上から60 27 8 '40 19
27 8は8月27日で当たってるはず。
年に関して、5重鷲マークは1932年から約30年間にわたって製造されているので、その範囲に収まるのは
60→1960年  だと52年前
'40→1940年  だと72年前
19→昭和19年  だと68年前
皆さんはどれだと思いますか。また夜眠れなくなってしまいましたww
pott_120915


まだまだあるよ。その3へつづく
関連記事
前のページ(栃木県の足尾町にあった金物屋の話)
次のページ(一軒だけ残った建物の話)
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文: