最近のネタ話とネタ画像2 - フィールドノート Level チラシの裏
FC2ブログ

最近のネタ話とネタ画像2

先日トラックを返しに実家に行くと、某外国自動車メーカーのロゴマークが横になっていた。
プジョーネコ1

あれはネコじゃなくてライオンだってさ!
プジョーネコ2

さすが世界の原宿、工事現場のバリケードも粋だ。(ここは私の仕事には関係有りません。)
この直ぐそばにあるレストランの倉庫屋根が、2月の大雪で全壊したので修理に来たのだ。
先の雪害による屋根や樋の修理依頼が余りにも多く、順番に回っているのだが実はまだ回りきれてない。
最後のお客さんは間違いなく8月盆休み頃になると思う。
依頼してくる工務店に訊くと、こういう面倒な細かい作業をする業者が本当に居ないそうだ。
そりゃそうだ。リーマンショクの後とか前回の政権交代時に次々と廃業や倒産で減っちゃったからね。
原宿の工事現場

原宿の仕事の何が面倒って、車を止める場所の確保と機材の搬入搬出だ。まあ朝一番は問題ないのだが、
夕方や土曜日曜の人混みは避けようが無い。
勿論車は入れないので、解体材を手持ちで運び出す。
この直ぐ先で中国人らしき若い子が記念写真を撮り合っていた。国に帰って写真をよく見ると背後に廃材担いだおじさんが
写っていてきっと驚いた事でしょう。
竹下通りを歩くおじさん

これは古い建物に看板を取り付ける為の台座を現地採寸現地加工で取り付ける仕事で出た端材。
加工鉄板廃材

VΛVΛV状の鉄骨が両柱間12mの中心で28mm下垂してて且つ出っ張っているw
右側で隠れつつあるモルタルも、撤去した古いシャッターボックスに合わせて+-30mm位の凸凹ありとイベント盛り沢山w
おまけに作業中何度も急な雷雨に見舞われるなどしたけど、今年デビュー仕立ての若手監督さんも手元で手伝ってくれたので
納期に間に合わせられた。
看板台座加工

そして若者の原宿から一転、おばあちゃんの原宿でも仕事を終わらせてきた。
どんなタオルだか判らない。帰宅してから「この値段なら買って中身を公開すれば良かった」と後悔した。
地蔵タオル

テスト電池を装備した折り畳み傘って‥
どこか回ったり光ったり電波飛ばしたりするのか?
電池入り折り畳み傘

現場で外作業してると通りがかりの人に「何が出来るのですか」「何時開店ですか」とよく訊かれる。
だけどここの現場はちょっと違った。
以前営業していたお店の廃業を驚き悔やむ人が一日に数人声をかけてくるのだ。
「えーーあんな立派なお店壊しちゃったの?」(すみません以前を知らないもので)
「ここは美味しかったんだけどな」
「ここは有名女優さんの妹さんが女将で‥」(皆さん同じ事仰ってました)
「どうしてやめちゃったんですか?」(工事に来ただけなのでマジ知らない)
まさか閉店と想像してないからか工事用防音シートを捲って中に入ってきて「あれ?お店は何処に行ったの」
と呟いた老婦人2人組み。(入り口がシートの時点で気づいて下さいw)
材料を届けに来た宅配便ドライバーさんも「あ~~あのお店がこんなになっちゃって・・・」飲食店時代にも配達にきてたので
変わりっぷりに言葉がでなかったそうだ。
外のフィルム貼り職人さんは大阪から食べに来たと言うお客さんに「折角来たのに何でやめたんだ!」と怒られたwとか

地元の人の話からは前触れなき閉店であったと伺えた。
gooooogle先生でそれらしいキーワードを検索すると→クリック 地元に信頼の厚いお店だったと感じられる。
作業終盤で話しかけてきた壮年の男性は、私との会話の最後にボソッと「看板出して大きな箱支えて行くの
大変だったんだろうな」と呟き自転車を漕いで去っていった。今やどんなブランドも何があるかわからないね。
同じ職人としてここで働いていた板前さんや仲居さん達に、早く新しい職場が見つかり活躍できることを願ってます。

(ここが何処だか解った方、お店の工事と建物(躯体)工事は別業者で全く関係ありません。覗きに行っても私は居ませんよ。)
廃看板
この看板は既に撤去されています。
関連記事
前のページ(google先生が展開するStreet Viewの話)
次のページ(最近のネタ話とネタ画像1)
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
年月毎の記事一覧
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
近隣ブログ一覧

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文: