ある都会の片隅で見かけた謎の便所~2016/11 アフターサービス~ - フィールドノート Level チラシの裏

ある都会の片隅で見かけた謎の便所~2016/11 アフターサービス~

4年前に公開した大阪城公園駅至近の謎便所が撤去されたと巷のスズメの噂に聞き、タイミング良く大阪市内での仕事があった
先の日曜日深夜に現地調査を行ってきた。

その記事→ある都会の片隅で見かけた謎の便所

あぁ、噂どおりあの希少な構造を持つ便所は無くなってしまった。
大阪謎便所撤去-01

ネットで検索すると、撤去の事前通告を知らせる張り紙をされた状態の様子を見ることも出来る。
大阪謎便所撤去-02

トンネル式のメンテ蓋の鉄板その物の形に舗装され直した地面。
大阪謎便所撤去-03

どうした事か、ハイタンクの裏板を支えていた木っ端は高架橋のコンクリートに取り残されていた。
大阪謎便所撤去-04
この画像だけ初めて見た人には、この木っ端が何に使われていたかは答えられないだろう。
今の世に数多存在する所謂「使途不明系トマソン」はこうして生まれ保存されているのだ。
関連記事
コメント (2)
初めまして
衛生陶器等に興味があるんですね
僕も便器や衛生陶器には昔から興味があります。
早速ですが、5年前の投稿(衛生陶器コレクション~小型手洗い器編~その1)の投稿を拝見しました。
西浦製陶のL-3、Toyotokiの小型手洗い器の投稿を拝見して気になりましたが、西浦製陶のL-3は象マークでしたね
そこで気になったのは象マークはいつ頃まで使用されたかということです。
TOTOでは、ToyotokiマークからTOTOへ、LIXIL(INAX)では伊奈製陶鳩マークからinaマークへ変更されたのが1969年なので、恐らく象マークからNishiuraマークへ変更されたのも同じ頃ではないかと予想はできますが
これからも投稿楽しみにしてるので宜しくお願いします。
2016/12/24 07:58 TOYO URL
Re: タイトルなし
TOYO様
はじめまして。コメント遅くなり申し訳ございません。

西浦製陶の像マークは1935年の創業当時から使われていたようで、1960年代末頃に同業他社が動物ロゴマークを
文字表記に変え始めたのに合わせ当社もと変更したのかもしれません。
似た様な例は今から30年ほど前、いわゆるバブル経済真っ盛りの頃でしょうか、様々な大企業がこぞって
「コーポレート・アイデンティティを導入する」とロゴマークを変えまくった事がありました。

その頃出版されました荒俣宏さん著「広告図像の伝説」と言う本があります。
企業のロゴマークの変遷が図入りで考察されており、その社の沿革とロゴマークの変化を重ねてみると更に
楽しめる本だと思います。
古書店でも比較的安価で入手しやすい様なので、機会ありましたら入手されてみては如何でしょうか。
2017/02/12 13:00 lcx7672 URL 編集
コメントの投稿
前のページ(2017/02/01)
次のページ(今解き明かされる江戸便所の全て(二) *追記2)
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
月別アーカイブ
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
リンク

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文: