横浜名物、かもめパンとサンマーメン@昭和の中華料理店 - フィールドノート Level チラシの裏
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿

横浜名物、かもめパンとサンマーメン@昭和の中華料理店

ちょっと仙台を離れて横浜で仕事をしていた時の話を書いてみる。

一般的な横浜の観光的イメージといえば、港街、シウマイ、中華街、ランドマークタワーだろうか。
仕事で行き来する自分のイメージは、坂道、かもめパン、サンマーメン。
横浜の繁華街の平地は、海寄りの明らかな埋立地以外、吉田新田と呼ばれる江戸時代に完成した干拓地なのだ。
横浜名物01

この過去記事の→ストリートビュー撮影車、再び。記事の後半に橋が写っているが、それが元の海岸線の跡。
350年も昔の江戸時代に、海を埋め立てようと思い実行したその行動力と技術は驚きのものだ。
横浜名物02

東京~神奈川を結ぶ京急電鉄の南太田駅付近で仕事をしていた時、駅前広場に目を惹く中華料理店があった。
年季の入った暖簾、屋根から脱落した店名文字、撤去された公衆電話跡地。
喜楽03

現場の若手監督に「あそこの店行ってみた?」と尋ねると、「いやー、ちょっと・・」と言葉を濁す。
私と同年代のタイル屋さんは、ドアを開けて中を見てそのまま後ずさりしてドアを閉めたそうだ。
ネットで検索すると、昼間も地元の常連さんで埋まっているらしい。
喜楽04

現場最終日に意を決してドアを開けてみた。注文するメニューはサンマーメン一択だ。
喜楽05
事前情報と違い、店内に他のお客さんは居ない。私が一番乗りだ。
あとでメニューを良く見ようと壁の写真を撮ったのだが、お店の方の私物らしいものがあったのでそれはモザイク処理。
ネコ顔の座布団が気になる。見ての通りメニューは豊富だ。

店内に入った瞬間、タバコの臭いを感じたのだが原因はこれだ。
全席喫煙可能。生来の非喫煙者な自分にはキツイものがある。
喜楽06

外からは良く見えない店内も、逆からは丸見え。店頭で入店思案してる姿を見られてますよ。
喜楽07

額装された建物の絵は、良くみると
喜楽08

ここからの風景。
喜楽09

神奈川県名物サンマーメン着丼。勿論完食。
横浜名物10
ここはラーメングルメブログでは無いので、味の評価は無しです。
関連記事
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(公衆便所@ナイト 第11夜 神奈川県横浜市山下町公衆便所)
次のページ(仙台で雪かきしてから横浜へ)
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
年月毎の記事一覧
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
近隣ブログ一覧

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。