夜間工事の思い出 その - フィールドノート Level チラシの裏
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿

夜間工事の思い出 その

この暑い現状、帰宅して即シャワーを浴び仕事の記録を残したら夕食タイム。
お供の飲み物は当日の儲け次第wwでビール~第三のビールと自由自在だ。
そして疲れから酔いが深くなると始まるのが水周りの掃除。
(画像は記事内容イメージそのものです。)
自作流し台
仕事柄、便所、風呂、台所が汚いのがどうにも我慢できなくて、酔った勢いで素手で掃除をするのだ。
勿論自分が使って汚した所だから素手なんて全然気にならない。
その勢いで2018年8月は台所の換気扇掃除月間w某緑の液体と重曹粉を駆使して、三菱換気扇VD18Zの徹底的な分解掃除を実行中だ。

------

さてこのKS暑い中、2018年上半期に体験したちょっと寒くなるお話を綴ってみたい。

某巨大駅ビルの中に所在する店舗新設工事。音出し作業はその駅ビル他店舗の営業終了後なのはお約束だ。
勿論音出し野郎の私は駅ビル店舗営業終了の22時過ぎに現場到着、施工の準備をする。
(画像は記事のイメージで実際とは関係ありません。)
2018年8月の御茶の水橋

施工中のトイレ事情は、現場により様々だ。照明も落ちた店舗街の便所を使っていい所もあれば、遠く離れた業務用便所まで
歩いて行かなければならないなど。
目の前に便所があっても、夜間清掃の都合で勝手に利用できないのだ。
この現場は後者で、入管室を通り過ぎかなり奥に所在する業務用便所を使う事になっていた。
(画像は記事のイメージで実際とは関係ありません。)
夜明け

午前3時頃、小用を催した私は一人決められた手順で指定の便所に向かった。
入管室の向こうは夜間は無人区域で真っ暗だ。懐中電灯で足元を照らしながら指定の便所前に到着。
いや、下の画像みたいに明るければ良い。でも現場は人感センサーで制御されてやおら照明が点く。
3人分の便所サンダルが浮かぶ。その一つを履いて小便器へ。

利用開始!!(下品な表現、お許しを。)
(画像は記事のイメージで実際とは関係ありません。)
07
と、いきなり大便所から「ジョバーーーーーージョーーーーーチョロチョロ~~~~」と洗浄音がww
大便所は和式で、音のする個室はドアが開放中。
え??到着時電気消えていたよね?到着時便所サンダル3組揃っていたよね??
とりあえず今まで生きてて色々怖い心霊経験してるので、仕事中客先便所で小便を撒いたとの経歴は残したく無く、冷静に堪え続けた。
そして自分の小用が終了後、サンダルは脱ぎ散らかしたまま、自分の安全靴を両手に持ち、裸足で現場まで走り戻ったのだ。
関連記事
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(20180828)
次のページ(2018年夏、実家のエアコン交換工事2)
記事の分類
新しい記事
皆様からのご意見
年月毎の記事一覧
写真撮影と作文してる人

lcx7672

HN:lcx7672

今までの参照数
近隣ブログ一覧

ブログ内検索
RSSフィード
記事内容に対する問い合わせはこちら

お名前:
返信先メールアドレス:
件名:   
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。